アルギニンの副作用ってどうなの

アルギニンの副作用ってどうなの

アルギニンとは

精力増強に効果がある食材として、すっぽんやうなぎがよく紹介されていますが、すっぽんやうなぎに豊富に含まれており、精力増強に強く影響するのがアルギニンという栄養素です。

 

アルギニンとは、天然のアミノ酸の1つです。体内で生成されるため、非必須アミノ酸とされていますが、年とともに生成量が減少するので、食事やサプリメントから積極的に摂取することがおすすめです。

 

精力増強という効果が有名ですが、アンチエイジング、生活習慣病の予防、筋肉増強、免疫力の向上といった効果もあるので、総合的に健康に役立つ栄養素です。

 

滋養強壮、精力増強、不妊改善などに効果があるとされているマカですが、実はマカにもアルギニンが豊富に含まれており、これが男性機能の改善に役立つと言われています。近年、マカよりも凄いと言われていて注目されるようになったのがクラチャイダムですが、クラチャイダムにはマカよりもたくさんのアルギニンが含まれているようです。

 

気になるのが副作用ですが、よほど大量に摂取しない限りは副作用はありません。食事だけで過剰摂取になることはよほど食べ過ぎない限りはないでしょう。サプリメントを飲むときには、用量を守って飲むようにしておきましょう。

アルギニンの効果とは

アルギニンはアミノ酸の一種であり、体内で生成される「非必須アミノ酸」に分類されます。アミノ酸には他にも体内で作ることができない「必須アミノ酸」があります。

 

加齢によって体内で十分な量が生成されなくなりますが、それを摂取して補うことで身体を若い頃の状態に近づけることができます。

 

摂取することで、体内の成長ホルモンの分泌を促進して、筋肉や骨の増強など、疲労回復にも役立ちます。

 

成長ホルモンの分泌は夜間に盛んになるので、寝る前に摂取することで、よりいい効果が期待できます。

 

その他にも男性の生殖機能、中折れや勃起力増強などにも役立ちます。

 

アルギニンは代謝の過程で一酸化窒素(NO)を産生しますが、これには血管を広げる効果があり、血流の改善が期待できます。

 

そのため精力剤サプリメントなどにも配合されているものもあります。

 

他にも免疫力を高める効果にも役立つことがわかっています。体内に侵入した細菌やウイルスなどを排除するマクロファージの働きを強めることで、白血球の働きを助けることがわかっており、病気に対しての免疫力が高まります。

 

アルギニンはアミノ酸であるため、効率よく吸収するには他のアミノ酸とのバランスを考えることが大切です。

アルギニンの副作用とは

アルギニンは精力剤などに使われる成分の中でも比較的安全性に優れている方に分類されますが、ただそれは適量を摂取した場合の話です。
時折見られる「良い成分は多く摂った方が効果が高い」という誤解はアルギニンにもあり、この成分を過剰摂取してしまった場合には腹痛や下痢といった副作用が出るとして指摘されています。
特にこの成分は胃に対して与える負荷が大きいため、胃痛などの副作用が出るというケースは少なくありません。
加えてヘルペスウイルスはこの成分があると増殖が活発になる傾向があるため、ヘルペスに感染したことがある人は少々警戒して摂取しなくてはならないと言えます。
またアルギニンは精力剤分野以外にも子供の成長を促進するサプリとしても使われているのですが、これも過剰摂取は非常に危険です。
特に子供が大量に摂取してしまうと体が異常に大きくなる巨人症や関節部が大きくなってしまう関節肥大といった重篤な症状につながることも僅かですが報告されています。
おおよその目安量は大人で1日5000mgほどとされていますから、サプリなどでこの成分を摂取する場合にはその製品に記載された服用方法を必ず確認し、それに沿って服用するようにしてください。